下車も乗車も事前に申告しなければいけません〜笑

比叡山鉄道はケーブル坂本駅からケーブル延暦寺駅を結ぶケーブルカーです。一般には「坂本ケーブル」と呼ばれ、世界文化遺産の比叡山延暦寺へ向かう参拝客によく利用されています。

ー滋賀県・比叡山鉄道ー(Shiga Pref・Hieizan Railway)

ほうらい丘(ほうらいおか)駅はその坂本ケーブルの途中にある駅なんですが、なんとこの駅、駅と外界をつなぐ道がありません。したがって、ケーブルカーでやってくるしかないのですが、通常は全便が通過してしまうのです。
いったいこの駅に下車するにはどうすればよいのでしょうか?

それは、ケーブルカーの出発前に、駅の窓口か運転士さんに「ほうらい丘駅で降ります」ということを伝えておかなければならないのです。そうやってようやく「ほうらい丘駅」に降りることができるのです。

さて、駅に降りたものの、周辺にあるものはただひとつ「霊窟の石仏」だけです。大正末期のケーブルカー建設時に発掘された多数の石仏を洞窟にまとめて安置したもので、織田信長による比叡山焼き討ちの際に犠牲になった人の冥福を祈ってこの土地の住民が刻んだものだといわれています。
さて、全便が通過してしまうこの駅から帰るにはどうすればよいのでしょうか?
それは、ホームにあるインターホンで「次の便に乗ります」と連絡するのです。そうすると、次にやってくるケーブルカーが停車してくれるのです。
このようにちょっと面倒臭い駅ですが、それだけに思い出に残ること請け合いですよ。

とっても素敵な雰囲気ですね〜!アドベンチャー感満載♪

—————————————————————–
ー関連記事ー

■ケーブルカーやロープウェイのその他の駅
ホームが階段になっている〜(笑)
外に出ることのできない駅〜!
—————————————————————–