笑顔に癒される駅舎発見!!港も近く気持ちが良いです♪

四国の玄関口といえばどこでしょう? 明石海峡大橋や瀬戸大橋が出来た今では、徳島や坂出と答える人が多いかもしれません。でも、かつては四国の玄関口といえば迷うことなくこの高松(たかまつ)駅だったんです。

ー香川県・JR予讃線ー(Kagawa Pref・JR Yosan Line)

現在でも、港では宇野や小豆島をはじめ神戸や大阪などを結ぶフェリーが発着し、広い道路に高層のビルが立ち並ぶ駅周辺は、四国を代表する都市としてふさわしいものがあります。
さて、現在の高松駅の駅舎ですが、JR宇高連絡船の廃止後に行われた周辺整備とともに改築されたもので、平成13年5月に完成しました。
そして、ごらんのとおりこの駅舎、なんと顔がついているんです。
これは、JR四国が実施した駅舎をキャラクター化する「SHIKOKU SMILE STATION」の取り組みの一環によるもの。駅舎正面に笑顔がラッピングされたのは平成26年2月のことで、微笑んだ駅舎を見ていると、こちらまでニッコリしてしまいますね。

ところで、香川県といえば「さぬきうどん」ですね。高松駅の愛称もなんと「さぬき高松うどん駅」なんです。もちろん駅にも立食いうどん店があるのはいうまでもありません。

しかもここのうどんは宇高連絡船の船内で販売されていたものを再現したものなんです。ぜひ食べてみてください。

うどん県さぬきうどん駅〜〜(笑)正式な駅名標にこんな笑があるとはなかなかやりますね〜^0^

—————————————————————–
ー関連記事ー

■港が近くにあるその他の駅
三国港駅!すぐ近くに港があります♪
漁業基地!地場のお魚おいしぃ〜〜!
—————————————————————–