瀬戸大橋の玄関口!駅構内はジーンズ一色です^0^

本州と四国を結ぶ瀬戸大橋。その瀬戸大橋の本州側にあるのが児島(こじま)駅です。

ー岡山県・JR本四備讃線ー(Okayama Pref・JR Honshibisan Line)

瀬戸大橋が開通したのは昭和63年4月10日。でも駅の開業はその少し前の昭和63年3月20日。これは、瀬戸大橋開通を記念して開催された「瀬戸大橋博88」のアクセス駅として、児島駅を先行開業させたからなんです。博覧会は西口の駅前一帯で開催されたんですよ。
駅の周辺は瀬戸大橋の開通によってたいへんな発展を遂げ、現在でもそのときにできたバスターミナルや飲食店などがいくつもあります。
駅の近くには瀬戸内海の観光船のりばや、鉄道では行くことができない櫃石島や与島へ行くバス乗り場もあります。

ところで、児島は「国産ジーンズ発祥の地」なんです。
そのことをアピールするため、平成27年6月に駅の案内所やホームへの階段、ジュースの自動販売機などがジーンズ柄にリニューアルされました。
なかでもとくに面白いのが駅名標。JR西日本の駅名標は普通は路線によって色が決まっているのですが、この児島駅の駅名標の色はなんと! デニムカラーなんです。こんな色の駅名標は数多いJR西日本の駅のなかでここだけなんですよ。
ジーンズファンにはたまらない児島ジーンズストリートは駅から北西に約1キロ。30以上ものショップが並んでいるので、きっとお気に入りのジーンズが見つかりますよ。

ジーンズステーション児島!記念限定ジーンズ♪

—————————————————————–
ー関連記事ー

■駅名標が特殊なその他の駅舎
とーーってもかわいい海の生き物達が!!
駅名標の背面がレインボーに〜^0^
—————————————————————–