駅舎もなく無人駅!でも素敵な仕掛けがあります^0^

ハーモニーホール駅。この変わった名前の駅は平成9年9月開業。1本のホームがあるだけの無人駅です。

ー福井県・福井鉄道ー(Fukui Pref・Fukui Railway)

駅の背後にモダンな建物が見えますが、これが「ハーモニーホールふくい」という県立の音楽堂で、そのオープンにともない駅も開業したというわけです。
さてこの駅、ホームの上に簡素な待合スペースがあるんですが、その屋根が曲線になっているんです。でもこれだけだと、ただ単に変わった形だな〜というだけですよね。でも、少し離れたところから見てみると、そこにはちょっとびっくりする光景が!

くるりと曲線を描いた待合所の形、ホームの直線と組み合わさってなにかに見えませんか?
そう、まるで音符(♩)のようです。音楽堂の最寄り駅にぴったりのデザインで、なんだか楽しくなっちゃいますね。
しかも、この駅と音楽との関わりはそれだけではないんです。

駅の入り口の駅名が書かれた看板、これはグランドピアノの形をしていますし、さらに駅前の歩道には、トランペットやハープなどさまざまな楽器が描かれたブロックがはめ込まれているんです。これは音楽好きでなくても楽しめますね。

県立音楽堂「ハーモニーホールふくい」は、駅からわずか200メートル。建物の外は緑に囲まれた公園風になっていて、途中下車して次の電車までの待ち時間にふらっと立ち寄るのに最適ですよ。

—————————————————————–
ー関連記事ー

■素敵なモチーフがあるその他の駅
片栗粉の原材料がモチーフに?!(笑)
とっても有名なあの岩がモチーフです!
—————————————————————–