さすが忍者の里!!隠された秘密とは?!

甲賀(こうか)駅の駅舎は、平成17年11月に改築された橋上駅舎です。1階にコミュニティールームがあるほか、エレベーターや多機能トイレ、授乳室も設られ、バリアフリーにも対応しています。

ー滋賀県・JR草津線ー(Shiga Pref.・JR Kusatsu Line)

外観はこれといって特徴のない普通の駅舎に見えますが、実はこの駅には秘密が隠されているのです。

IMGP2069甲賀_s

この駅のある場所は「甲賀市」。「甲賀」といえばピンとくるのが、そう、忍者ですね。駅の周辺一帯は甲賀忍者発祥の地として「忍者の里」と呼ばれていて、かつては本物の忍者たちが住んでいたそうです。

ちなみに忍者は「こうがにんじゃ」ですが、駅名・市名は「こうか」と濁らないというのはちょっとしたトリビア。そんな忍者に関わりの深い駅なので、通路の仕切りは障子風、床のタイルは手裏剣模様になっているなどアイデア満載。しかし、この駅の秘密はそんなものではありません。

IMGP2074甲賀

この駅の最大の秘密、それは忍者のトリックアート。
駅舎内のあちこちに、ちょっと間抜けでユーモラスな忍者のイラストが描かれているんです。
眺めるだけでも楽しいのですが、絵の前に立つとまるで自分が忍術を使っているように絵に溶け込むことができるのです。

トリックアートは全部で7種類。コンプリート目指して探してみてください。
ずっと見ていると吸い込まれてしまいますよ〜!(笑)

IMGP2067甲賀

—————————————————————–
ー関連記事ー

■隠された秘密のあるその他の駅
あの伝説の姫は月の使者ではなかった
出雲大社の玄関駅!なぜ洋風建物?!
—————————————————————–