【関東・東海編】明治・大正・昭和の振り返り!

約30年続いた平成の時代が終わり、いよいよ令和の時代が始まります。
5つのエリアに分けて、明治・大正・昭和の駅舎を振り返って特集致します!

明治5年に日本に初めて鉄道が開業したと同時に駅舎の歴史も始まりました。

全盛期にはどんな小さな駅にも駅舎があり駅員さんがいたものです。
しかし、昭和62年4月に国鉄が分割民営化されたのを機に全国的に古い駅舎の改築が行われ、さらに平成に入ってからはバリアフリー化・耐震化・合築化・コンパクト化など、絶え間なく駅舎の近代化・合理化が進められました。

平成のはじめには数多く残っていた明治・大正・昭和初期に建築された駅舎も容赦無く建て替えが進み、その希少性が注目されだしたのは平成の中ごろでしょうか。
改修され保存されるものも増えてきましたが、まだまだ古い木造駅舎は減る一方です。
そこで、令和の時代を迎えるまで残った、明治・大正・昭和初期生まれの貴重な駅舎を見てみましょう。

東京や名古屋を中心とする関東・東海地区の駅舎は、都市部に近いこともあってそのほとんどが近代化されていると思いがちですが、意外にも明治・大正時代の雰囲気を残した駅舎が多いんです。

まず、千葉県です。

ー松尾駅(明治31年)ー

●松尾駅(明治31年)●横芝駅(明治30年)●干潟駅(明治31年?)●横田駅(大正元年)●馬来田駅(大正元年)●久留里駅(大正元年)
という、明治・大正の駅舎があり、ほかにも建築年は不明ですが、
●長者町駅 は明治時代の駅舎という雰囲気があります。
そして、●大原駅はリニューアルされてあまり古くは見えませんが、明治32年の建築です。

続いて、中央本線の塩尻から西方面

ー洗馬駅(明治42年)ー

●洗馬駅(明治42年)●贄川駅(明治42年)●奈良井駅(明治42年)●藪原駅(明治43年)●宮ノ越駅(明治43年)●須原駅(明治42年)●野尻駅(明治42年)と、明治時代の駅舎が連続して建っているんです。

ほかにも、塩尻・松本周辺は明治時代の駅舎の宝庫です。

日野春駅(明治37年)ー

日野春駅(明治37年)●村井駅(明治35年)●田沢駅(明治35年)●明科駅(明治35年)などがあります。

しなの鉄道では

ー田中駅(明治21年)ー

●田中駅(明治21年)●大屋駅(明治29年)●二本木駅(明治44年)などが明治の駅舎です。

新潟地区では

●三条駅(大正元年?)という、大柄な木造駅舎も存在しています。

そして、関東では

ー野崎駅(明治29年)ー

●野崎駅(明治29年)●佐和駅(明治39年)などが明治の駅舎です。
また、わたらせ渓谷鉄道の●上神梅駅(大正元年)は、建築当初からの雰囲気を今に残す駅として国の登録有形文化財に登録されています。

東海道本線では

ー真鶴駅(大正13年)ー

●真鶴駅(大正13年)●早川駅(大正12年)●根府川駅(大正13年)の連続した3駅が木造駅舎ファンとしては外せません。

名古屋近郊では

ー加佐登駅(明治23年)ー

●加佐登駅(明治23年)●田丸駅(大正元年?)などが古い駅舎です。


湯谷温泉駅(大正12年)は、かつて旅館だったという2回建ての大きな木造駅舎で、一見の価値ありです。


●亀崎駅(明治19年?)は、明治19年の財産票が付いていて、現役の駅舎では日本一古いとされていますが、それを証明する資料がないということで否定する意見もあるようです。


●養老駅(大正8年)
立派な瓦屋根にドーマ窓、待合室の広いこの駅舎は、大正時代の雰囲気を味わえるぜひ訪れたい駅舎です。

他のエリアの古き良き明治・大正・昭和の駅舎も見てください。

【北海道・東北編】
【近畿・北陸編】
【山陽・山陰・四国編】
【九州編】