【九州編】明治・大正・昭和の振り返り!

約30年続いた平成の時代が終わり、いよいよ令和の時代が始まります。
5つのエリアに分けて、明治・大正・昭和の駅舎を振り返って特集致します!

明治5年に日本に初めて鉄道が開業したと同時に駅舎の歴史も始まりました。

全盛期にはどんな小さな駅にも駅舎があり駅員さんがいたものです。
しかし、昭和62年4月に国鉄が分割民営化されたのを機に全国的に古い駅舎の改築が行われ、さらに平成に入ってからはバリアフリー化・耐震化・合築化・コンパクト化など、絶え間なく駅舎の近代化・合理化が進められました。

平成のはじめには数多く残っていた明治・大正・昭和初期に建築された駅舎も容赦無く建て替えが進み、その希少性が注目されだしたのは平成の中ごろでしょうか。
改修され保存されるものも増えてきましたが、まだまだ古い木造駅舎は減る一方です。
そこで、令和の時代を迎えるまで残った、明治・大正・昭和初期生まれの貴重な駅舎を見てみましょう。

 

九州地区は民営化以降、鹿児島本線および福岡県内の古い駅舎はかなりの割合で改築されてしまいましたが、それ以外ではまだまだ木造駅舎が残っています。

そんな鹿児島本線では、●銀水駅(大正15年)●川尻駅(大正6年)が古い木造駅舎の形状を保っています。

ー銀水駅(大正15年)ー

また、●鳥栖駅(明治44年)は九州鉄道のスタイルが残る駅舎で、すこし前まで直方駅・新飯塚駅・上熊本駅など同系統の駅舎が残っていましたがいずれも改築されてしまいました。最後に残った鳥栖駅についても改築が予定されています。

ー鳥栖駅(明治44年)ー

九州には大きく分けて3つの木造駅舎集中地区があります。
その1つが肥薩線で、●坂本駅(明治41年)●白石駅(明治41年)●渡駅(明治41年)●大畑駅(明治42年)●矢岳駅(明治42年)●真幸駅(明治44年)●大隅横川駅(明治36年)●嘉例川駅(明治36年)と、明治時代の駅舎が目白押しです。

ー坂本駅(明治41年)ー

ー大畑駅(明治42年)ー

なかでも、●嘉例川駅は、鹿児島県で最も古い駅舎であり山間の静かな雰囲気も相まって、登録有形文化財に登録され、特急列車が停車し、駅弁も販売されるなど人気の駅になっています。

2つめは佐賀・長崎地区で、●小城駅(明治36年?)●肥前長野駅(昭和10年)●肥前七浦駅(昭和9年)●厳木駅(昭和5年)●山本駅(大正元年)●上有田駅(明治?年)●道ノ尾駅(大正14年頃)などの板張りの木造駅舎があります。
特に、●肥前長野駅は、アルミサッシすら使用されておらず、開業時からほとんど手を加えられていないような、ほかの木造駅舎にはない独特の雰囲気があります。

肥前長野駅(昭和10年)

3つめは大分地区で、●豊前松江駅(昭和7年)●東中津駅(大正4年)●今津駅(昭和12年)●豊前長洲駅(明治44年)●豊後豊岡駅(昭和15年)●東別府駅(明治44年)●西大分駅(明治44年)●下ノ江駅(大正4年)●熊崎駅(大正9年)●上臼杵駅(大正6年)など、多くの板張り木造駅舎が残っています。なお、●豊後豊岡駅 は、明治44年築の頭成駅舎を移築したともいわれています。

ー豊後豊岡駅(昭和15年)ー

ー上臼杵駅(大正6年)ー

さて、ネット上では九州最古の駅舎は、●嘉例川駅●大隅横川駅(ともに明治36年)という記述が散見されますが、実際には熊本県の●網田駅(明治32年)の方が古いんです。改修されてカフェになっていますが、外観は開業当時のままです。

ー嘉例川駅ー

ー網田駅(明治32年)ー

そして、平成筑豊鉄道の●油須原駅(明治28年?)はさらに古いといわれていますが正式な記録はないそうです。しかしながらたいへん味のある外観で、訪れてみる価値はあります。

ー油須原駅(明治28年?)ー

以上、5回に渡り、令和時代まで生き抜いた明治・大正・昭和初期に建築された全国の主な駅舎を見てきました。

最近になってようやくこういった駅舎の価値が見出され、嘉例川駅のように観光地化したり、京終駅・網田駅のように改修されて保存される動きが出てきたのはうれしい事です。
しかし、これからも古い駅舎は年を追うごとに減っていくでしょう。無くならないうちにその姿を記録しておきたいですね。

他のエリアの古き良き明治・大正・昭和の駅舎も見てください。

【北海道・東北編】
【関東・東海編】
【近畿・北陸編】
【山陽・山陰・四国編】